東大前の切り付け事件 逮捕の少年「事件を起こして死のうと思った」(2022年1月15日)

東大前の切り付け事件 逮捕の少年「事件を起こして死のうと思った」(2022年1月15日)

大学入学共通テストが行われている東京大学の前で、高校生の男女など3人が刃物で襲われた事件で、逮捕された少年は「事件を起こして死のうと思った」と話してしていることが分かりました。
きょう午前8時半ごろ、東京大学前の歩道で受験生とみられる男女2人と72歳の男性が相次いで刃物で背中を刺され、けがをしました。
その場で、殺人未遂の疑いで逮捕された17歳の少年は調べに対し「勉強がうまくいかなくて事件を起こして死のうと思った」などと容疑を認めていることが分かりました。
また、事件現場近くにある東京メトロの「東大前駅」で木片が燃え、東京消防庁が消し止めました。
少年が「事件前に駅で火を放った」などと関与をほのめかす供述をしているということです。
警視庁が事件の経緯やぼやとの関連を調べています。

末松文科大臣「このような事案が発生したことは誠に遺憾。被害に遭われた方の1日も早い回復をお祈り申し上げたい」
事件を受けて、末松文部科学大臣は臨時の会見を開き、警察庁長官を通じて、各都道府県の警察に試験会場周辺のさらなる安全対策を指示したことを明らかにしました。

#大学入試共通テスト#東大切り付け#東大前駅#末松文科大臣

【ニュース】カテゴリの最新記事