受験生ら3人刺した少年逮捕 共通テスト会場で殺人未遂

受験生ら3人刺した少年逮捕 共通テスト会場で殺人未遂

大学入学共通テストの試験会場となっている東京大学で、17歳の男子高校生が、受験生2人と72歳の男性を包丁で刺し、殺人未遂の現行犯で逮捕された。

15日午前8時半ごろ、東京・文京区の東京大学・弥生キャンパスの農正門付近の交番に、「刺された」と男性が駆け込んだ。

受験生の高校生の男女と72歳の男性が包丁で背中を刺され、愛知・名古屋市在住の17歳の男子高校生が、殺人未遂の現行犯で逮捕された。

逮捕された男子高校生は、「3人を切った」と容疑を認めている。

刺された3人のうち、男子高校生が重傷で、70代の男性は容体が急変し、手術を受けているという。

付近の店の人「(刺した高校生は)無表情で、(警察から)『どこから来た、どこから来た』って言われていた」

事件前、東京メトロ南北線の東大前駅では、爆竹のようなものが確認されていて、男子高校生は「犯行前に付近に火をつけた」と話しているという。

東京大学での試験は、予定通り始まった。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

【ニュース】カテゴリの最新記事