浜岡原発の津波到達予想22.5m 原子力規制委が評価(2021年12月17日)

浜岡原発の津波到達予想22.5m 原子力規制委が評価(2021年12月17日)

 原子力規制委員会の審査会合で中部電力は、静岡県の浜岡原発に到達が予想される津波の高さが現在の防波壁を超える22.5メートルになるとの評価結果を明らかにしました。

 22.5メートルは現在、設置されている浜岡原発の防波壁より0.5メートル高く、乗り越えてくることになります。

 中部電力はこれまで巨大地震に伴い、浜岡原発に到達する津波の最大の高さを独自の基準で21.1メートルと試算していました。

 しかし、国内外の巨大地震や「不確かさ」を考慮し、改めたとしています。

 ただ、規制委員会側は、さらに詳細な評価を求める方針です。

 中部電力は「まずは規制委員会と津波の高さについて規制委と共通の理解を得たうえで対策を検討したい」と話しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【★トレンド】カテゴリの最新記事