06-C15 光ファイバー地震計が拓く新たな海底地震・津波観測の新展開

06-C15 光ファイバー地震計が拓く新たな海底地震・津波観測の新展開

#サイエンスアゴラ
出展者名:東京大学地震研究所 Earthquake Research Institute, The University of Tokyo
English Title:Development of marine earthquake and tsunami observation using optical fiber seismometer

光ファイバー地震計という最新の科学技術が地震や地球内部構造研究に活用されるようになってきた。海底に巡らされている光ファイバーを使用することで、得られるデータの量は飛躍的に上昇するが、そのためには多額の税金が投入されるし、海底の環境にも影響を及ぼす可能性がある。

津波や地震の予測にある程度貢献できる技術と言われているが、それが果たして投資に見合うとして受け容れられるのか、意見を聞けたり話し合える機会は少ない。光ファイバー地震計の導入に限定して対話をする事で、どのような科学・技術をどの程度導入したいと思っているのかを知りたい.科学技術と人のより健全な関係を考えるきっかけになる事を期待する。

One of the latest technology, the optical fiber seismometer, have come to be used for the research on earthquakes and earth’s structure. By using optical fibers that run around the seabed, the amount of data that can be obtained will increase dramatically, but this can result in a large amount of tax and may affect the environment of the seabed. Although this technology can contribute to the prediction of tsunamis and earthquakes, there are few opportunities to hear and discuss whether it is accepted as worth the investment. By having a dialogue limited to the introduction of optical fiber seismographs, we would be able to know what kind of science and technology you want to introduce and how much. We also hope that by providing a place for direct dialogue in Agora, it will be an opportunity to think about a healthier relationship between science and technology and people.

【★トレンド】カテゴリの最新記事