【GPシリーズ】宇野昌磨の優勝に批判殺到。許せない(フィギュアスケート 三浦佳生 フリープログラム ショートプログラム ハイライト 動画 見逃し)

【GPシリーズ】宇野昌磨の優勝に批判殺到。許せない(フィギュアスケート 三浦佳生 フリープログラム ショートプログラム ハイライト 動画 見逃し)

#gpシリーズ #スケート #宇野昌磨 #三浦佳生 世界王者・宇野昌磨がSP2位から逆転V SP首位の三浦佳生は悔し2位もファイナル進出前進 「フィギュアスケート・GPスケートカナダ」(29日、ミシサガ)  男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位で、18年平昌五輪銀メダル、22年北京五輪銅メダル、世界王者の宇野昌磨(24)=トヨタ自動車=が、フリー183・17点、合計273・15点で逆転優勝を飾った。  宇野は冒頭の4回転ループを着氷させると、その後は回転不足をとられるジャンプも多かったが、フリー「G線上のアリア」の世界観をしっかりと体現し、逆転した。  SP首位の三浦佳生(17)=オリエンタルバイオ・目黒日大高=は、4回転サルコーでの転倒が響き、自己ベストに届かず、265・29点で悔しい2位に終わった。ただ、初戦のスケートアメリカに続く2位で、GPファイナル(12月・トリノ)進出に前進した。

未分類カテゴリの最新記事