【詳しく解説】明日の天気・気温・降水確率・週間天気 いつから晴れて暖かくなる?【1月24日 夕方 天気予報】|TBS NEWS DIG

【詳しく解説】明日の天気・気温・降水確率・週間天気 いつから晴れて暖かくなる?【1月24日 夕方 天気予報】|TBS NEWS DIG

気温や雨の情報など、1月24日このあとの天気をお伝えします。

三ヶ尻知子 気象予報士:
25日にかけて引き続き、日本海側では大雪や吹雪に警戒が必要です。そして太平洋側の地方、今まだ雪が積もっていないところでも、朝起きたら雪が積もっている恐れがあります。交通機関への影響が懸念されます。慎重にスケジュールを立てるようにしてください。

まずは気象衛星で見てみましょう。
日本海にびっしりと雪雲が発生しているだけではなく、東シナ海にも雪雲が発生しています。そして太平洋側にも雪雲が流れ込んで、24日午後5時10分時点で北海道から九州にかけてほとんどの地域で雪が降っています。
関東地方にも雪雲がかかっていまして、東京も24日夜は雪の降る可能性があり、25日の朝は道路が凍結する恐れがありそうです。ご注意ください。

24日午後6時からの雪の予想です。
日本海側では25日にかけてが大雪のピークとなるでしょう。雪雲が太平洋側の方まで流れ込んで、太平洋側の地方でも雪が積もる恐れがありそうです。道路が凍結する可能性もあるでしょう。

▼予想降雪量(25日夕方にかけて)
北陸地方 90センチ
東北地方 80センチ
関東甲信の内陸部・東海・近畿・中国地方 70センチ
九州・四国 20~30センチ(多い所)
太平洋側の地方でも雪が積もる可能性がありそうです。

25日の天気予報です。
北海道から九州にかけて全て雪で、日本海側の地方では風も強く吹雪いて見通しがかなり悪くなりそうです。吹きだまりの発生する可能性がありそうですから、車の運転や登下校する際は充分お気をつけください。

太平洋側の各地は晴れ間が覗きますが、変わりやすいお天気です。名古屋や大阪では雪が降る時間帯があるでしょう。

そして25日はもう本当に全国的に極寒となりそうです。北海道から九州にかけて全て予想最低気温は氷点下です。東日本や西日本でも氷点下3度以下のところがほとんどで、水道管が凍結するくらいの寒さになりそうです。北海道や東北地方では氷点下10度前後まで下がるでしょう。

そして日中もほとんど気温は上がりません。予想最高気温は、北日本では日中でも氷点下の真冬日、東日本や西日本でも氷点下のところがありまして、東京・大阪では4度、福岡では2度の予想です。

この寒気ですが、いつまでに居座るのか週間予報で見てみましょう。
25日にかけてが寒気の流れ込みのピークとなりそうです。26 日(木)は少し寒気は緩みまして晴れ間がのぞくでしょう。ただ27日(金)は再び冷たい雨となりまして、土曜日以降はまた寒気が流れ込んできそうです。

東日本から北日本方面です。大雪のピークは25日にかけて。ただ26 日(木)から週末も日本海側では雪が降り、雪の積もる量が増えてくるでしょう。東京や名古屋では26日は晴れますが、27日は冷たい雨か雪の降る可能性がありそうです。28日以降、日本海側では雪が続きますが、東京や名古屋など太平洋の各地、28日から来週の前半にかけては晴れるところが多くなりそうです。

日本海側だけではなく、太平洋側の地方でも25日にかけては大雪のおそれがありそうです。十分警戒してください。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

未分類カテゴリの最新記事