九州北部地方 引き続き大雪に警戒が必要 大雪と暴風の影響も

九州北部地方 引き続き大雪に警戒が必要 大雪と暴風の影響も

九州北部では各地で大雪や暴風による影響が出ています。

24日夜から25日明け方にかけても、引き続き大雪に警戒が必要です。

警察によりますと、24日午後2時ごろ筑紫野市山家の鳥越トンネルで、路面凍結によるスリップを発端に車6台が絡む多重事故が起きました。

数人が病院に運ばれましたが、いずれも症状は軽いということです。

一方、福岡市博多区では、暴風の影響で居酒屋の看板が落下しました。

気象台によりますと九州北部地方は24日夜から25日明け方にかけ引き続き大雪に警戒が必要です。

24時間の積雪量は、福岡、佐賀の山沿いで20センチ、平野部で10センチが予想されていて、路面の凍結などに警戒してください。

未分類カテゴリの最新記事