二瓶文徳が会見!立花孝志氏の前に顔を表す!立花氏の心に変化が…

スポンサーリンク

こんにちはトキメキです。

今日も昨日に引き続きかなり暑いです…汗汗汗

そんな暑い中、N国党(NHKから国民を守る党)の党首

立花孝志が中央区役所前に姿を現した。

スポンサーリンク


二瓶文徳が会見!立花孝志氏の前に顔を表す

お父さんと息子の感動の再会のような雰囲気にも見えます。

この公の場に出てきたこと自体は当たり前と言えば当たり前なのでしょうが

少し見直した方もいるのではないでしょうか?

脅されてビクビクしてるいじめられっ子がいじめっ子に会いにいく勇気と覚悟は相当なものであり、ストレスも半端ないと思われます。

そんなチキンが国会議員になるなよと言われればそれまででしょうが…

MX前で『5時に夢中!』の収録終わりにマツコ・デラックス氏の出待ちデモを2度に渡り行ったからこそ今回の二瓶文徳が勇気を振り絞って姿を現した事自体にかなりの意味がある気がします。

そんな中たくさんの記者に囲まれ二瓶文徳氏(東京都中央区議会議員)に

質問が

記者A

『今まで音信不通にされてたのは?』

二瓶文徳氏

『警察に預けているので携帯電話が使えない状態でした』

記者A

『いつから預けられました?』

二瓶文徳氏

『2ヶ月前くらいからです』

そのあとさゆくん(さゆふらっどまうんど)の声だと思わますが…

さゆ氏

『N国党と連絡取れなくなった理由はなんですか?』

二瓶文徳氏

『携帯電話を預けてしまったので…』

さゆ氏

『事務所に行くことはできるじゃないですか?連絡取れないというのは嘘だと思うんです、なぜ今までN国党と連絡とらなかったんですか?』

二瓶文徳氏

『N国党の方が怖くなってしまった…なにをされるかわからないという一点になりますね』

さすがさゆ君、ナイス質問!聞き取りやすい声でいいですね!

やはり立花孝志氏の圧力が強すぎたことが二瓶文徳氏をびびらせてしまった原因だったのでしょう。

【動画あり】立花孝志VS二瓶文徳 脅迫容疑で警視庁より任意聴取!

で問題の脅迫動画について書きましたが…これをみて脅迫と捉えるか否か?

一般人に対してだったらこんなことはしない!

公人同士だから言いたいことがあればきちんと言うべきと主張する立花孝志氏。

怒ってるのではなく叱りつけていると…

立花氏の心に変化が…

カメラの前に、僕の前にも含めて姿を現してくれた事が凄く嬉しかったですと歓喜する立花孝志氏。

顔と顔突き合わせるというか会って話をすると全然違うんだなっていうの今日本当に実感しましたと感想を述べています。

確かに立花孝志氏のやり方は思ったことはすぐにYOUTUBEにあげて言いたいことを主張するというスタイル。

だけど人と人が分かち合うためには会って目をみて冷静に主張し合うことがなにより大切な気がします。

SNSのデメリットが露骨に出たとも言えるのではないでしょうか?

大事なことはアナログに!

便利なことはデジタルに!

勝手に名言作ってみましたw

今回のこの出来事は凄く考えさせられる事件でもあり、皆様にとってもSNSのあり方、使い方、一方的になってしまう表現方法についてのデメリットとして意味のある出来事だった気がします

会話の基本はキャッチボール。

投げるボールもきちんと誠意、敬意をもって投げなければ

相手に伝えることができないし、例え相手が酷い人間でも一方的に圧をかければ今回みたいなことになりかねないしょう。

今回の功労はさゆくんです(・∀・)/

立花孝志氏と二瓶文徳氏を再会させたキーマンといえるでしょう!

それにしても立花孝志氏動画あげるスピードが速すぎますw

ゆっくり休んで欲しいものです。

By.tkmk

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする