10都府県の緊急事態宣言 今週中の解除を見送りへ(2021年2月18日)

10都府県の緊急事態宣言 今週中の解除を見送りへ(2021年2月18日)

政府は10都府県に出されている緊急事態宣言について、今週中の解除を見送る方向で検討していることが分かりました。

 緊急事態宣言は、東京、大阪、愛知、福岡など10都府県で継続しています。

 感染状況が改善した地域については来月7日までの期限を待たずに解除する方針ですが、依然として病床使用率が改善しない地域があることなどから、今週中の解除は見送る見通しです。

 また、政府関係者は「高齢者がワクチンを打ち終わるまではなるべく感染者を抑えたい」と話していて、一般の人への接種を前に、感染をさらに抑え込む必要があるという認識を示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新型コロナウイルスカテゴリの最新記事