大阪「見回り隊」が飲食店調査 「まん延防止」初日の夜

大阪「見回り隊」が飲食店調査 「まん延防止」初日の夜

5日から「まん延防止等重点措置」が適用された大阪、兵庫、宮城では、飲食店が時短営業の対応や感染対策に追われた。

一方で、重症者の急増などで病床がひっ迫していて、大阪府では、近く「医療非常事態宣言」が出される可能性もある。

大阪府では、府の職員などが「見回り隊」として、飲食店の実地調査を行い、時短営業や感染対策を行わない店には、過料を科すことができる。

大阪・ミナミの居酒屋「串カツ・二色」では、アクリル板や二酸化炭素センサーを導入したが、対策しきれないと不安を感じていた。

居酒屋・二色 店主の新井ユミさん「(何が一番難しい?)そりゃ、マスク会食でしょ」

大阪府の吉村知事がまん延防止措置にともない要請したのが、「マスク会食」。

初日の5日は、マスクを外したまま食事をする客もいたが、マスク会食をする客の姿もあった。

客「面倒くさいけど、しゃあない。マスクにマスタードが付くかもしれん」

大阪府では、重症病床の使用率が63.8%まで上昇していて、吉村知事は、数日以内に医療非常事態宣言を出す見通し。

同じく、まん延防止措置が適用されている兵庫県でも、重症病床の使用率は65.5%となり、病床がひっ迫している。

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer