8人で送別会も 福岡市職員2人 コロナ感染 高島市長「信頼損ねてしまう行為」 (21/04/08 16:00)

8人で送別会も 福岡市職員2人 コロナ感染 高島市長「信頼損ねてしまう行為」 (21/04/08 16:00)

福岡市の職員8人が3月末に職場の送別会を開き、その後、2人の職員が新型コロナに感染していたことが分かりました。

8日の午後に開かれた福岡市の緊急の幹部会議で、市の道路下水道局で働く8人の職員が3月23日の夜、福岡市内の飲食店で送別会を開き、その後、2人の職員が新型コロナに感染していたことが報告されました。

送別会は20人程度が座れる大広間を借りて開かれ、8人は2つのテーブルに4人ずつ分かれて2時間程度、飲食したということです。

2つのテーブルは2メートル以上離れていましたが、机の上などに飛沫を防ぐ「ついたて」はありませんでした。

新型コロナへの感染が判明した2人の職員は、職場でも隣の席に座っていたということで、送別会で感染したかどうかは分かっていません。

これを受けて高島市長は-

高島市長
「福岡県から少人数で2時間、深酒をしないというようなお願いが市民の皆さん、県民のみなさんに出されている中において、これは市民の皆さんの信頼を損ねてしまう大変申し訳ない行為であるという風に思っております」

高島市長は飲食店に行くこと自体は自粛を求めていませんが、「少人数で短時間」という県からの呼びかけを守るよう市の職員に指示しました。

☆ニュースカテゴリの最新記事