4月施行の改正種苗法から農家の「育種知見」を守るため、都道府県が進める「種子条例」制定の動きについて「地域の農業に必要な対応を自ら判断し講じているものと理解する」野上浩太郎 農林水産大臣 定例会見

4月施行の改正種苗法から農家の「育種知見」を守るため、都道府県が進める「種子条例」制定の動きについて「地域の農業に必要な対応を自ら判断し講じているものと理解する」野上浩太郎 農林水産大臣 定例会見

収録日 2021/3/23 IWJ Webサイトでの全編動画ご視聴はこちら→ https://youtu.be/QuaYHY3Ikow
※IWJのこうした取材活動は、みなさまのご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支えください!→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
※また、カンパによるご支援もお願い致します!
→ http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html
#農水省
#野上浩太郎
#種苗法
#種子条例