ワクチン原液を国内製造する「JCRファーマ」新工場建設を発表 ワクチン増産に対応(2021年3月4日)

ワクチン原液を国内製造する「JCRファーマ」新工場建設を発表 ワクチン増産に対応(2021年3月4日)

新型コロナウイルスワクチンの原液の製造を委託されている兵庫県芦屋市の医薬品製造会社「JCRファーマ」が、増産を見込んで神戸市内に新たな工場を建設すると発表しました。

 医薬品製造会社「JCRファーマ」はアストラゼネカとの間に新型コロナウイルスのワクチンの原液を国内で製造する契約を結んでいます。現在、神戸市内の自社工場で製造に向けた準備を進めている段階ですが、早くも増産に対応するために新たな工場建設を決め、約20億円で3月4日に神戸市と土地の売買契約を結びました。

 (JCRファーマ 芦田信会長兼社長)
 「新工場を建てるということになりましたが、この神戸でワクチンを製造できるということを大変誇りに思っています。」

 総工費は約116億円で来年10月に完成する予定です。

#MBSニュース #毎日放送 #JCRファーマ #アストラゼネカ #ワクチン#兵庫県芦屋市 #神戸市