一般高齢者のワクチン接種始まる 県内で初めて古河市

一般高齢者のワクチン接種始まる 県内で初めて古河市

本県初となる一般高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が1日、古河市で始まった。事前に予約した市内在住の65歳以上989人が手順に従い、医療従事者から接種を受けた。接種は2日も行われ、両日で延べ約2千人が接種を受ける。
 同市の一般高齢者接種は主に集団接種で実施。対象者は来年3月末までに65歳以上となる約4万人。両日は県から割り振られたワクチン3箱分を使い、24日から約3万8千人に対する本格接種に先駆ける形で行った。今回の被接種者は3週間後の22、23日に2回目の接種を受ける。
 会場の中央運動公園総合体育館(同市下大野)では午前8時半から受け付けが始まり、被接種者が30分間隔で、77人ごとに接種に臨んだ。同日は医療従事者ら計170人が対応。医師が予診票で体調を最終確認した上で、左腕へスムーズに針を刺した。
 接種後は経過観察を15~30分間行い、副反応がないかを確認。被接種者はスタッフの指示に従い、落ち着いた様子で接種を済ませていた。市によると、目立ったトラブルはなかった。
 夫と一緒に接種を受けた同市小堤、会社役員、海老沼澄江さん(77)は「わくわくして待っていた。もっと時間が掛かると思っていたが30秒ほどで済んだ。胸を張って孫たちに会える」と、ほっとした様子で語った。
 同日は未接種の医療従事者211人に対する接種も行い、キャンセルで残った11人分のワクチンも使用した。
 市は市医師会と連携し、優先順位を医療従事者、高齢者としていた当初の国の方針に沿って、今回の接種体制を準備。一方、県が自治体に協力を要請していた高齢者施設の利用者への接種については、準備が整ったことなどから、1、3の両日に市内3カ所で170回分の接種をスタート。今後も一般高齢者と並行して接種を進めることを明らかにした。
 終了後、市医師会の秋葉和敬会長(64)は「トラブルなく終えてほっとしている。各部署の協力でスムーズに進めた」と総括。一方で薬液の準備などに課題があったことなど挙げ、今後の接種に向けて洗練していきたいと述べた。
 同市で24日から始まる本格接種は、土日が同体育館、平日が市内4病院で、一日あたり2千人の接種を予定。市は完了時期を8月6日としていたが、政府の要請を受け、7月中に前倒しする意向を示した。針谷力市長は「医師会、看護師会、薬剤師会との調整が必要だが、全力を挙げて取り組む」と述べた。

★新型コロナウイルスカテゴリの最新記事