鹿児島県の感染状況を受けた新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた県民の皆さまへのお願い(令和3年5月3日)

鹿児島県の感染状況を受けた新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた県民の皆さまへのお願い(令和3年5月3日)

ゴールデンウィークを迎えるに際して,新型コロナウイルス感染症防止対策として,4月23日に感染拡大地域との不要不急の往来自粛をお願いしましたが,実際には,多くの県外の方が来県されています。

ゴールデンウィークに入り,人の移動が活発化し,更に人との接触機会が増えていることなどに伴い,感染が急拡大しております。

鹿児島市や奄美市,知名町の接待を伴う飲食店などで相次いで,クラスターが発生したことなどにより,5月1日には,過去最多となる60人の新規感染者が確認されました。

変異株の感染者についても,直近の検査でも検査数の5割を超えるなど,増えてきております。

特に,離島でのクラスターの発生には,危機感を持っており,海上保安庁の多大なご協力のもと,本土の医療機関に搬送し,適切に対応しているところですが,その影響もあり,鹿児島市内の病床や宿泊療養施設での受け入れも増加しているところです。

直近の新規感染者数は,4月29日以降,30名程度の感染者数が2日間続いた後,5月1日は60名,昨日は42名,本日も40名を超える感染者が見込まれており,この5日間だけで,新規感染者は200名を超える見込みです。

病床の占有率はまだ2割に達しておらず,感染拡大の警戒基準におけるステージは,ステージⅡの段階にあると判断しておりますが,このままの状態が続けば,今後,それほどの時間をおかずに,本県の医療提供体制が逼迫することが予想されます。

また,変異株の影響もあり,本県でも年齢の若い方が重症化する傾向が認められており,特に,重症・中等症病床への負担が急増する可能性があります。

県としては,ステージⅡの段階であり,現時点では,飲食店の営業時間短縮など制限する状況にはないと考えておりますが, 改めて,県外から来られた方も含めて,徹底した手洗いとマスクの着用,人と人との距離の確保など,5月9日までのゴールデンウィーク期間中における感染防止対策の徹底をお願いします。

特に,感染リスクを低減させる行動として,3密を避ける,会食を行う場合は,普段いる人と「少人数,短時間で開催する」,「県のステッカーを取得しているなど,感染防止対策を徹底している店舗を選び,店舗の取組に協力する」,「会話時はマスクを着用して,食べながらの会話を控える(黙食,静食に努める)」,接待を伴う飲食店でクラスターが発生したことを踏まえ,「深夜,長時間に及ぶ飲食を控える」など,感染拡大防止にご協力をお願いします。

また,発熱等の症状があるにもかかわらず,受診せずに勤務を継続し,感染拡大につながったと思われる事例も散見されますので,何らかの症状のある方は,出勤せずに,きちんと診察・検査を受けてくださるようお願いします。

高齢者施設や病院におかれては,基礎疾患のある方の感染防止のため,より一層の対策徹底をお願いします。

さらに,若い世代における感染拡大の傾向が全国的に見られていることから,飲食店に限らず,職場,部活,サークル活動など,クラスターの発生しやすい場での感染防止対策の徹底をお願いします。

感染拡大の状況を食い止めるためには,県民一丸となって,感染防止対策に取り組む必要がありますので,県民の皆さまや事業者の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

★新型コロナウイルスカテゴリの最新記事