FRBパウエル議長「ワクチンで米経済見遠し明るい」(2021年5月4日)

FRBパウエル議長「ワクチンで米経済見遠し明るい」(2021年5月4日)

アメリカのFRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長は3日、ワクチンの接種率の上昇などで経済状況が明るくなり、景気回復が着実に前進しているとの認識を示しました。

パウエル議長「アメリカの経済状況ははっきりと明るくなっている。経済は再開され、経済活動と雇用の創出が強化されている」
パウエル議長はオンライン講演でこのように述べ、アメリカの経済情勢を前向きに評価する一方、量的金融緩和を縮小する時期については触れませんでした。
また、「コロナ危機に伴う不況の影響が人種的少数派に偏っている」と指摘した上で「すべての国民が繁栄の利益に貢献し、共有できて初めて最大限の潜在能力を発揮する」として、格差問題に取り組む重要性を改めて訴えました。

#ワクチン #コロナ #米経済

★新型コロナウイルスカテゴリの最新記事