文春砲!旭川14歳イ〇メ凍死事件★怒号飛び交う中学校保護者説明会!当日爆破予告も隠ぺい

文春砲!旭川14歳イ〇メ凍死事件★怒号飛び交う中学校保護者説明会!当日爆破予告も隠ぺい

★被害者の方の写真や名前は被害者のお母さんが、娘が14年間生きてきて、いじめと戦っていた証として公開して、一人でも多くの方に知って欲しいという意を汲んでサムネイル等に上げさせて頂いております。

週刊文春★4月26日に開かれたY中学校の臨時保護者説明会
「ふざけんな」「おぞましい」旭川少女イジメ凍死 ついに「臨時保護者会」開催も怒号飛び交う90分に《教育委員会は「重大事態」認定》

 旭川14歳少女イジメ凍死事件がついに国会審議の俎上に載せられた。4月26日、萩生田光一文科大臣は音喜多駿参議院議員の質問にこう答えた。

「本事案については、文科省として4月23日に旭川市教育委員会及び北海道教育委員会に対し、事実関係等の確認を行い、遺族に寄り添った対応を行うことなど指導、助言を行った」
萩生田大臣は「事案が進まなければ政務三役が現場に入る」
 今年3月、旭川で当時14歳の廣瀬爽彩(さあや)さんが凍死して見つかった事件の背景に凄惨なイジメがあったことについて、「文春オンライン」では4月15日からこれまで9本の記事を掲載し、詳報を続けてきた。爽彩さんが通っていたY中学校では、これまで「イジメはなかった」としていたが、報道を受けて22日には旭川市がイジメの再調査に乗り出すことを公表。だが、冒頭の発言の後、萩生田大臣はさらに、

「文科省としても必要な指導、助言を行っていくことが重要であると考えており、今後なかなか事案が進まないということであれば、文科省の職員を現地に派遣する。或いは私を含めた政務三役が現場に入って直接お話する。ただ、一義的には少し時間がかかり過ぎじゃないかと」

 と述べ、旭川市の対応に釘をさした。旭川市の再調査の発表を踏まえたうえで、その調査に迅速な対応がとられない場合は、本省の職員あるいは政務三役を直接現地に派遣する可能性に言及したわけだが、これは「イジメ対応としては、かなり踏み込んだ発言」(全国紙政治部デスク)と見られている。

#廣瀬爽彩 #小室佳代 #いじめ保護者説明会

【芸能】カテゴリの最新記事