週刊 グラフで見る新型コロナ(2021年6月11日)

週刊 グラフで見る新型コロナ(2021年6月11日)

週刊「グラフで見る新型コロナ」
今週は3度目の緊急事態宣言が始まった4月25日から
新規感染者を曜日の影響を受けない7日間合計で見てみます。
第3波の中心だった大阪も宣言が出てから2週間ではっきり減少に転じました。
北海道や沖縄が一時増加しましたが全国的な減少傾向がはっきり出ています。
今は比較的減り方が遅い神奈川が全国で2番目になっています。

それでは今の感染状況を詳しく見るために、直近1ヵ月間を人口10万人当たりで見てみましょう。
5月の中旬から急速に増加した沖縄は、下旬には全国で最も深刻になり
23日に緊急事態宣言の対象となりました。
一時はステージ4相当とされる25人の5倍を超えて130人に迫りましたが、
宣言が出てから2週間ではっきりと減り始めました。
飲食店で酒を出すのを禁止したのが効果的だったと見られます。

※「新規感染者」は厚生労働省や各自治体の発表をもとに、報告された陽性者をテレビ東京がまとめたものです。
※「1週間毎の新規感染者」はその日からさかのぼって7日間の陽性確認者を足したものです。
※「1週間毎の新規感染者(人口10万人当たり)」で使用している人口は2019年10月時点です。

#コロナ#新型コロナ#まん延防止等重点措置#緊急事態宣言#沖縄過去最悪

★新型コロナウイルスカテゴリの最新記事