「怒りが向いたので・・・」寺に“墨汁” 男を再逮捕(2021年6月11日)

「怒りが向いたので・・・」寺に“墨汁” 男を再逮捕(2021年6月11日)

 寺の本堂に墨汁のようなものをまき散らしたとして、63歳の男が再逮捕されました。

 長崎市の無職・酒井仁容疑者は、長崎市にある「広済寺」の本堂の柱や建具などに墨汁のようなものをまき散らして汚した、建造物と器物損壊の疑いが持たれています。

 「怒りが向いたのでやりました」と容疑を認めています。

 酒井容疑者は去年9月、寺の山門に「鐘がうるさい」などの文書を置き、鐘を鳴らすのをやめさせた強要の疑いで先月31日に逮捕されています。

 防犯カメラには4月、寺に向かって液体をまく人物が映っていて、その日時は、今回の酒井容疑者の容疑と一致しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

☆ニュースカテゴリの最新記事