「ノーベル賞受賞者・根岸英一博士 名誉館員顕彰記念講演」

「ノーベル賞受賞者・根岸英一博士 名誉館員顕彰記念講演」

元素を操りさまざまな物質をつくりだす「化学」なしには、今の私たちの生活は成り立ちません。今なお、化学によってこれまでになかった新しい物質が日々生み出され、私たちの暮らしは変わっています。「化学」はこれからの世界をどのように変えていくのでしょうか?

本イベントでは、2010年にノーベル化学賞を受賞した根岸英一博士をお招きし、受賞のきっかけともなった「触媒」の果たす役割を中心に、化学とはいったいどんな学問なのか詳しくご説明いただきます。また、講演に先立ち、館長の毛利衛より根岸博士を未来館の名誉館員として顕彰いたします。

講師: 根岸英一博士(パデュー大学 特別教授)
1935年生まれ。1958年に東京大学工学部応用化学科を卒業後、帝人株式会社へ入社。60年に同社を休職し、米ペンシルベニア大学に留学。63年に博士号を取得後、66年に帝人を退社して、米パデュー大学へ。パデュー大学助手、シラキュース大学准教授などを経て79年よりパデュー大学教授。99年からは同大学特別教授。「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」の研究が世界に大きな影響を与えたとして、鈴木章博士(北海道大学 名誉教授)、リチャード・F・ヘック博士(デラウェア大学 名誉教授)らとともに2010年のノーベル化学賞を受賞。

顕彰状授与: 毛利衛(日本科学未来館 館長)
企画・ファシリテーション: 佐尾賢太郎(日本科学未来館 科学コミュニケーター)

【トレンド】カテゴリの最新記事