【美容】”白髪育て”が流行り中?白髪染めはもう古い?グレイヘアを育てる女性が急増中!




白髪育ての時代が到来か?

世間的に

白髪=老けて見える、不潔に見える、疲れて見える

そんなイメージでしょうか?

中には手を抜いてるいるというイメージもあるみたいですが

最近では”白髪育て”が流行ってるとの事です。

ライターの朝倉真弓さんはこう語る

46歳。2016年10月を最後に髪染めをやめ、グレイヘアになるために「白髪育て」を始めた。その過程で見えたことはーー。

10代から白髪が出始めて、18歳くらいから染め続けてきました。たぶん、誰よりも白髪に関する情報を調べていたと思います。

振り返ると、40歳を迎える年に東日本大震災が来たことが、白髪育てに向かう「原点」だったかもしれません。地震が来た時、ちょうど染める時期と重なったんです。緊急地震速報が出ているというのに、そろそろ髪を染めなきゃと思っている自分がいて。こんな非常事態に、染めることにまだしがみついている自分って何だろう、と。そう思う一方で、「白髪」「女性」「みっともない」とネットで検索する自分もいました。実際、「みっともない」という意見があるんです。そういうのを読むと気持ちが揺らぎましたが、白髪染めはやめることにして、その過程をブログで綴り始めました。
「40代で白髪頭なんて、みっともないよ」

「グレイヘアは60代になってからでいいんじゃない?」

うんうん。分かります。

でもさ、もう、本当に、辛いんだよ。

害虫でも見つけたかのように、眉間にしわを寄せながら白髪を塗りつぶす瞬間が。

何も悪くないのに、自分自身を罰しているようで。だから、45歳になったのを機会に、グレイヘアに生まれ変わることを決めました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00010000-huffpost-soci

黒い髪の中に数本白い髪があるとその数本が際立って目立ってしまいますが

全体的にグレイへアだと上記の写真のようにただ、ただ美しいなーって印象を受けます。

不潔になんて全然見えないですし寧ろ気品があって高貴にすら見えます。

人間皆いつかは訪れる現象。それをありのまま受け入れるもよし!

アンチエイジングして若く美しく見えるように行動するもよし!

自分をどう受け入れてどのように表現するのか?

常識に囚われたままだと、他人に不潔に見られたくない!老けて見られたくない!

そんな思いだけが強くなってしまうのも事実です。

しかし、常識なんて5年10年でコロコロを変わり続けるもの。

流行りの最先端、先駆者の気持ちで思い切ってグレイヘアを目指すのもありだと個人的には思います。

もともと私自身中学生の頃から若白髪だらけで後ろの男子によく抜かれてました(笑)

目指せグレイヘア!!!!白髪育て!!!

長々とお読み頂きありがとうございました。By tkmk

IT企業に務めていたが1年半で退職。独学でアフィリエイト、投資を勉強しながらウェブメディア運営のフリーランスへ。
好きな言葉は【日進月歩】好きな食べ物はと豚の角煮&とんこつラーメン。一人一人との出逢いとご縁を大切に生きていきたいです。