【オススメ本】堀江貴文(ホリエモン)『ゼロ』なにもない自分に小さなイチを足していく | tkmk〜ときめきタイム〜

【オススメ本】堀江貴文(ホリエモン)『ゼロ』なにもない自分に小さなイチを足していく

スポンサーリンク

素晴らしい本

出張から帰ってきて夏風邪を引いてしまいダウンしてましたtkmkです٩( ‘ω’ )و笑

毎日毎日暑苦しい日々が続いておりますが…

そんな中素晴らしい一冊に出逢うことができました☆

『ゼロ』なにもない自分に小さなイチを足していく 堀江 貴文 (著)

世間のホリエモンに対するイメージ、偏見を一気に払拭する一冊。

ホリエモンの生い立ちから、両親との関係、東大での麻雀、競馬生活、

プログラミングのハマったこと、包み隠さず赤裸々に語られてます。

東京拘置所に身柄を拘束されてた時弁護士から2枚の色紙を渡される。

ライブドア社員からの応援メッセージがその色紙にはびっしりと書き込まれていた…

大声で号泣するホリエモン…それを見てもらい泣きする弁護士たち…

このくだりは読書しながら私自身、声が出そうになるくらい号泣しました(涙)

[記事内広告アドセンス1]

心に響いた言葉たち

○経験とは、経過した時間ではなく、自ら足を踏み出した歩数によってカウントされていく

○仕事が好きだから、営業に没頭するのではない。営業に没頭したらから仕事が好きになる

○ハッタリをかますこと、背伸びすることは、決して悪いことじゃない。他者からの信用を獲得していくために、絶対に乗り越えなければならないハードルなのだ

○孤独だから、寂しいからといって、他者やアルコールに救いを求めていたら、一生誰かに依存し続ける事になる

○僕らは『自分の時間』を生きるのか、それとも『他人の時間』を生かされるのか、を常に意識化しておく必要がある

○自分の本業なんて決める必要はない

○勝負を分けるのが、スピードと実行力である

人それぞれ刺さる言葉は違うでしょうが、本書の中にはきっとみなさまにとっても

心に響く、ひっかかる言葉きっとあることは間違いないでしょう。

ホリエモンの人柄が嫌いとか、生意気だと今感じてる人にこそこの本を読んで欲しいものです。

By tkmk