死ぬ時に後悔すること(Top five regrets of the dying、嫌われる勇気、アドラー心理学…)




常に心に刻みたい言葉

2012年2月1日に英ガーディアン紙に掲載されたスージー・スタイナー記者により

「死に際につぶやく5つの後悔」(The Top Five Regrets of the Dying)出版されました☆

その時の言葉がすっごく心に響いたので紹介します↓

他人の期待に応えようとするばかりの人生ではなく、自分が真に生きたいと思う人生を生きる勇気を持っていたかった

I wish I’d had the courage to live a life true to myself ,not the life others expected of me

この言葉から我々は何を思い何を学ぶべきだろうか?

あなたは自分の人生を生きていますか?

他人を思い世を思い生きること、行動することはとても素晴らしい事です。

だけど、他人の目を気にするあまり、萎縮して自分の心を押さえつけていませんか?

アドラー心理学の『嫌われる勇気』にも

「お前の顔を気にしているのはお前だけ」

という言葉が出てきます。自分の人生の主人公は自分です☆

限りある有限の人生を謳歌出来るように『今』にフォーカスして

とことん楽しみましょう٩(•̤̀ᵕ•̤́๑)っしゃ!!

お読み頂きありがとうございます。By tkmk




ブログランキング・にほんブログ村へ  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする