【ノーカット】朝日新聞社説などについて五輪組織委・武藤事務総長が会見

【ノーカット】朝日新聞社説などについて五輪組織委・武藤事務総長が会見

東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は26日、五輪開会式の選手宣誓を男女1人ずつで行う案を検討していることを明らかにした。同日、東京都内で開かれた理事会後の会見で「ジェンダー平等を考慮するのは国際オリンピック委員会(IOC)の方針として打ち出されている。そのことを念頭に調整している」と述べた。

実現すれば五輪では1988年ソウル大会以来、2度目となる。ただ武藤氏は選手団を派遣する日本オリンピック委員会(JOC)などとの意見交換が必要とし、「結論が出ているわけではない」と強調した。

また、武藤氏は米国務省が24日に新型コロナウイルスの感染状況を理由に日本への渡航警戒レベルを引き上げたことについて「予定通りアスリート、大会関係者が東京大会に参加していただけると理解している」と述べた。ただ国内外で開催への批判が強まる中、理事会では複数の理事から「情報発信が不十分」との指摘を受けたという。

【★トレンド】カテゴリの最新記事