中国が契約ハッカーを使いサイバー攻撃、米欧が非難声明

中国が契約ハッカーを使いサイバー攻撃、米欧が非難声明

アメリカのバイデン政権は、中国政府がハッカーを雇い、サイバー攻撃を行っているなどとして非難する声明をEUやイギリスなどとともに発表しました。

 バイデン政権は19日、声明で、「アメリカはサイバー空間における中国の無責任な行動について長い間、懸念してきた」と指摘した上で、「アメリカと同盟国、およびパートナーは、中国の悪意のあるサイバー活動の詳細を公開し、対抗措置を講じる」としました。

 声明では、中国が契約ハッカーを使って世界中でサイバー攻撃を行っていると暴露し、EU=ヨーロッパ連合とイギリス、NATO=北大西洋条約機構も中国を非難する声明に加わっていると強調しています。

 さらに、中国政府とつながりをもつハッカーが身代金数百万ドルの要求を含む攻撃をしかけた事実を把握しているとして、アメリカ政府が企業などにデータを保護するための情報を確実に入手できるよう支援を続けるとアピールしています。(19日23:12)

#契約ハッカー #サイバー攻撃 #中国

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS    
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20   
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews  
◇note  https://note.com/tbsnews  
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja  
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/tbs-insiders/

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

【★トレンド】カテゴリの最新記事