【言葉メモ】シンギュラリティ(技術的特異点)とは?意味は?

スポンサーリンク

シンギュラリティとはなにか?

シンギュラリティ(技術的特異点)とは

「人工知能(AI)の発達により、人間には予測できないスピードで社会が変化するようになる瞬間」を指す概念

最近よく聞く言葉を調べてみた。

シンギュラリティは2045年に到来?

シンギュラリティは、2045年に到来すると予測されています。

これは、「半導体の集積密度は、18~24ヶ月でおよそ2倍になる」という法則に則った予測です。

わかりやすく説明すると、およそ半年から2年のサイクルでコンピュータの性能は2倍になるという考えです。

「ムーアの法則」と呼ばれるこの法則に従うと、2045年にはシンギュラリティが起きるだけの土台ができあがるだろうとの予測がされているのです。

これは「2045年問題」と呼ばれています。

日々勉強です。