新型コロナウイルスで死ぬって一体どういう事?(急性呼吸窮迫症候群(ARDS)&敗血症…) | tkmk〜ときめきタイム〜

新型コロナウイルスで死ぬって一体どういう事?(急性呼吸窮迫症候群(ARDS)&敗血症…)

スポンサーリンク

こんにちはトキメキです。

明日の4月7日にやっとこさ…

緊急事態宣言が出る意向のようですね

遅すぎる!と安倍政権を責め立てる声が

ネットの中で炎上してますが…( ´ᐞ` )いやはや…

現金支給の問題もはっきりしませんが…モヤモヤw

新型コロナウイルスで死ぬって一体どういう事?

今日は新型コロナウイルスで死ぬとは一体どういう事なのかまとめてみます

日々TVやニュースでも新型コロナウイルスで死亡しましたと報道されてますが、新型コロナウイルスで死亡するとはなんなのか?

どういう症状でどういう経緯を辿って死に至るのか?

あまりにも抽象的表現でわかりづらいですよね?

新型コロナウイルスで死亡=(‘ω’*)ハテ?

一般的なイメージは肺炎!ではないでしょうか?

では肺炎で死ぬとは一体どういう事なのか?もっと深堀りしていきましょう

Lest’s Thinking!!!!!!

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)&敗血症により死亡する

結論から言うと新型コロナウイルスで死亡してる人の多くは

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)+敗血症による多臓器不全により死亡してるのです。

武漢のデータ、サンプルでも死亡してる人と死亡してない人の相違は

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)のみの人は助かってる傾向にあり

死亡してる人の多くはARDS+敗血症を併発してる条件が解っている模様。

敗血症とは何?

敗血症とは、生命を脅かす感染に対する生体反応です。組織障害や臓器障害をきたすため、集中治療室(ICU)での全身管理および治療が必要になります。ショックや著しい臓器障害をきたす場合は死に至る場合もあります。

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)のみだったらICUに入らずとも呼吸器があればなんとかなるらしいが、敗血症を併発してしまえばICUで治療する必要ある。

ICUから回復して助かった人の多くはARDSのみか、すごく軽い敗血症である事がわかっている。

これが新型コロナウイルスで亡くなる人と助かる人の大きな相違である。

今日のまとめここまでにしまっす(・∀・)/ばいちゃ

BY tkmk

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする