【現行犯逮捕】和歌山県職員の男(59)が飲酒運転で事故か・・・自転車の男性はね重傷

【現行犯逮捕】和歌山県職員の男(59)が飲酒運転で事故か・・・自転車の男性はね重傷

14日夜、和歌山県職員が酒を飲んで車を運転し、自転車をはねたとして現行犯逮捕されました。自転車に乗っていた男性は重傷です。

 酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、和歌山県税事務所の職員・村上禎紀容疑者(59)です。
 村上容疑者は14日午後10時ごろ、和歌山市東高松のスーパーの駐車場内で、自転車に乗って停止していた会社員の男性(27)をはねた疑いがもたれています。男性は頭の骨など3ヵ所を骨折する重傷です。
 村上容疑者から酒のにおいがしたため、警察官が検査したところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。
 村上容疑者は容疑を認めています。
 勤務する県税事務所の所長は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾です。深くおわび申し上げます」とコメントしています。

【☆ニュース】カテゴリの最新記事