新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)接種で当初の接種と異なるワクチンを使用しても、同じワクチン利用と同量以上の抗体が産生されることが、米政府支援の試験の初期段階の結果から分かった。

新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)接種で当初の接種と異なるワクチンを使用しても、同じワクチン利用と同量以上の抗体が産生されることが、米政府支援の試験の初期段階の結果から分かった。

新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)接種で当初の接種と異なるワクチンを使用しても、同じワクチン利用と同量以上の抗体が産生されることが、米政府支援の試験の初期段階の結果から分かった。
Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCNxGvjVN5ASRJbQT1-vDEEw?sub_confirmation=1
Source: https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-10-13/R0XK85DWLU6H01?srnd=cojp-v2
#新型コロナウイルスワクチンのブースター(追加免疫)接種で当初の接種と異なるワクチンを使用しても、同じワクチン利用と同量以上の抗体が産生されることが、米政府支援の試験の初期段階の結果から分かった

【★新型コロナウイルス】カテゴリの最新記事