ミュージカル『蜘蛛女のキス』ゲネプロより 石丸幹二 安蘭けい 相葉裕樹 村井良大 鶴見辰吾 香寿たつき 小南満佑子 間宮啓行 櫻井章喜

ミュージカル『蜘蛛女のキス』ゲネプロより 石丸幹二 安蘭けい 相葉裕樹 村井良大 鶴見辰吾 香寿たつき 小南満佑子 間宮啓行 櫻井章喜

獄房で繰り広げられる究極の人間ドラマを描いたミュージカル『蜘蛛女のキス』が、2021年11月26日(金)から12月12日(日)まで東京芸術劇場プレイハウスで、12月17日(金)から 12月19日(日)まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されます。出演は、モリーナ役が石丸幹二さん、蜘蛛女とオーロラ役が安蘭けいさん 、バレンティン役が相葉裕樹さんと村井良大さんのWキャスト、所長役が鶴見辰吾さん、モリーナの母役が香寿たつきさん 、マルタ役が小南満佑子さん 、マルコス役が間宮啓行さん 、エステバン役が櫻井章喜さん 、ほかのみなさん。演出は、日澤雄介さん(劇団チョコレートケーキ)。音楽と歌詞は『キャバレー』や『シカゴ』などのヒット作を生み出してきたコンビ、ジョン・カンダーさんとフレッド・エブさんです。 11月25日に行われたゲネプロの一部を、アイデアニュース独自撮影の動画で紹介します(この動画は大阪公演千秋楽の2021年12月19日までの限定公開です)。

<あらすじ>
舞台はラテンアメリカの刑務所の獄房の一室。映画を愛する同性愛者のモリーナ(石丸幹二)は、社会主義運動の政治犯バレンティン(相葉裕樹/村井良大)と同室になる。人生も価値観も全く違う二人。お互いを理解できず激しく対立するが、時を重ねるうちに次第に心を通わせていく。モリーナは、心の支えである映画スター大女優オーロラが演じる蜘蛛女(オーロラ/蜘蛛女:安蘭けい)について語り、運命を支配するように、“彼女”は現れるようになる。極限状態で距離を縮めていく二人。モリーナは所長から、バレンティンに関する秘密を聞き出すよう取引を持ちかけられている。しかし、バレンティンへの想いから、モリーナは動かない。ついに所長は、モリーナがバレンティンの仲間と接触することを期待し、モリーナを仮釈放にすることを決める———。

<ミュージカル『蜘蛛女のキス』>
【東京公演】2021年11月26日(金)~12月12日(日) 東京芸術劇場プレイハウス
【大阪公演】2021年12月17日(金)~12月19日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト:
https://horipro-stage.jp/stage/spiderwoman2021/

<キャスト>

モリーナ:石丸幹二
蜘蛛女/オーロラ:安蘭けい
バレンティン:相葉裕樹/村井良大(Wキャスト)

所長:鶴見辰吾
モリーナの母:香寿たつき
マルタ:小南満佑子
マルコス:間宮啓行
エステバン:櫻井章喜

アウレリオ/囚人(所長役 カバー):藤浦功一
囚人フエンテス/狂信的革命家:佐々木 誠
アムネスティ国際オブザーバー/囚人エミリオ(マルコス/エステバン役 カバー):俵 和也
ガブリエル/囚人:伊藤広祥
脱走囚/カルロス:半澤 昇
オーロラの男達/囚人達:当銀大輔
オーロラの男達/囚人達:荒木啓佑
オーロラの男達/囚人達:矢内康洋
オーロラの男達/囚人達:橋田 康

モリーナの母/マルタ役 スウィング:小島亜莉沙
オーロラの男達/囚人達 スウィング:上條 駿

<スタッフ>

脚本:テレンス・マクナリー(マヌエル・プイグの小説に基づく)
音楽:ジョン・カンダ―
歌詞:フレッド・エブ

演出:日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
翻訳:徐賀世子
訳詞:高橋亜子
音楽監督:前嶋康明
振付:黒田育世
美術:二村周作
照明:佐々木真喜子
音響:山本浩一
衣裳:西原梨恵
ヘアメイク:宮内宏明
歌唱指導:亜久里夏代
映像:ムーチョ村松
ステージング:当銀大輔
演出助手:伴・眞里子
舞台監督:齋藤英明

この動画の記事
https://ideanews.jp/archives/122242

【★トレンド】カテゴリの最新記事