アフリカ南部で新変異株が感染拡大、香港でも感染例 イギリスは警戒感示す(2021年11月26日)

アフリカ南部で新変異株が感染拡大、香港でも感染例 イギリスは警戒感示す(2021年11月26日)

アフリカ南部で感染力が強いとされる新型コロナウイルスの新たな変異株が広がっていることを受けて、イギリスの保健相は25日、「強い懸念」を示し警戒感をあらわにしました。

ジャビド保健相「この変異株の初期兆候では感染力がデルタ株よりも強いとみられる」

イギリスのジャビド保健相は、新たな変異株は、デルタ株より感染力が強く、ワクチンの有効性が弱まる恐れがあるとし、強い懸念を示しました。BBCによりますと香港でもこの変異株の感染例が確認されているということです。イギリスでは、変異株の上陸を阻止するため南アフリカやジンバブエなど6ヵ国の渡航制限を強化します。

#新型コロナ#変異株#イギリス#南アフリカ#南ア#デルタ株#香港#ジンバブエ#渡航制限#ジャビド

【★トレンド】カテゴリの最新記事