南ア変異株への不安要因か 株価が700円超値下げ(2021年11月26日)

南ア変異株への不安要因か 株価が700円超値下げ(2021年11月26日)

 26日の東京株式市場の日経平均株価は、25日の終値と比べて700円余り値下がりしました。南アフリカで、新たな変異株が見つかったことへの不安感からとみられます。

 26日午前の終値は25日より719円安い、2万8779円でした。2万9000円を下回るのは先月29日以来、およそ1カ月ぶりです。

 南アフリカなどで新型コロナの新たな変異株が見つかり、イギリスが南アフリカなどからの航空機に制限をかけ始めたことから、投資家に不安感が広がったことなどが要因とみられます。

 この影響を受けて円相場もドルが売られて、円を買う動きが進み1ドル=114円台後半で取引されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【★トレンド】カテゴリの最新記事